2020年、突然世界を驚異的なスピードで襲った

新型コロナウイルス

世界はコロナ対策に邁進したが・・・米国を筆頭に感染拡大を抑えることが出来なかった。

それほど恐ろしいウイルスだが、そのような中でコロナウイルス対策で優秀な結果を出している国がある。

「ベトナム」「タイ」「オーストラリア」「ニュージーランド」の4か国

その4か国のうち、今回の記事は「ベトナム」に焦点を当てる

ベトナムのコロナ現状


ベトナムの新型コロナウイルス感染者の合計数・・・328

回復者数・・・293

死亡者数・・・

(2020年6月4日現在)

優秀すぎるくらいの数字だ。他国が数万~数百万人の感染者を出している中、たったの300人程度。

特に注目すべき点は、なんと言っても“死亡者数が0人”である点。

このような優秀な国家「ベトナム」であった心が温かくなるニュースを紹介する。

ベトナムの心が温まる“コメATM”と“ゼロ円スーパー”


この話題は2020年4月中旬にニュースになっていた。

ベトナムは新型コロナウイルスの感染防止対策として、不要不急の外出や営業活動の制限を実施した。
その際に収入が絶たれてしまった人を支援する仕組みが、「コメATM」や「ゼロ円スーパー」だ。

・コメATMとは


 コメを無料で配給する配給機(3kg)



 

 

・ゼロ円スーパーとは(0ドンハッピースーパーマーケット)


 コメや卵、調味料などの食料品、加えてはマスクや洋服などの品を揃えている。
 来店者(失業や世帯収入が減ったなどを申告する)は、市場価格で10万ドン(約460円)分の商品を無料で入手できるもの。


このような働きかけが政府主導ではなく、民間主導で行われているということに驚きだ。